研究会・講習会INDEX

●「保険診療の手引」検討会(リハビリ編)

日 時:7月20日(土)午後3時~
場 所:協会会議室
講 師:協会保険部講師団
内 容:診療報酬点数の算定方法を分かりやすく網羅し、窓口対応の方法等も掲載した保険点数の手引き書の決定版「保険診療の手引」をテキストに、保険診療のルールについて再確認しませんか。今回はリハビリテーションの点数について学習します。
◎定員70名
※「保険診療の手引」をご持参ください。
◎要事前申込

●東葛支部総会・記念講演

日 時:7月20日(土)午後7時~9時(記念講演は午後7時半~)
場 所:松戸市民会館会議室(松戸市松戸1389-1)
記念講演:労務管理講習会「2019年4月施行!働き方改革の留意点と助成金の活用について」(仮)
講 師:曽我 浩 氏(協会顧問社会保険労務士)
◎要事前申込

●八千代習志野支部総会・記念講演

日 時:7月25日(土)午後7時~(記念講演は午後7時半~)
場 所:八千代台東南公共センター八千代市八千代台南1-11-6)
記念講演:「法律と医院経営 ~労働法改正に伴い医療機関に求められる事~」(仮題)
講 師:曽我 浩氏(協会顧問社会保険労務士)
◎要事前申込

●歯科学術研究会

●歯周病・インプラントシンポジウム●
日 時:7月27日(土)午後6時半~
場 所:協会会議室
定員:80名
◎要事前申込
メインテーマ:「HAインプラント治療VS歯周治療」
問題提起:佐々木 脩浩 氏(八千代市開業)
「最近の海外文献におけるインプラント 生存率―中等度歯周炎患者における2種類のHAインプラントの文献報告―」
~講師からのメッセージ~
 現在のインプラント体の素材は、チタン合金であるが、より安定したオッセオインテグレーションを得るために、チタン表面にプラズマコーティング、酸処理、骨とのバイオアクティブな結合を得るために、HAなどのリン酸カルシウム系素材によるコーディングを施したものが多い。再結晶化HAコーティングされたインプラントは、骨との親和性が強く、骨伝導能を有することから、植立後早期に骨結合が得られるという有利な点がある。そこで、海外文献におけるインプラント生存率について、文献を読み込み整理した内容を演者の症例を含めて簡単に要約したい。

シンポジスト①:齋藤 淳 氏(東京歯科大学歯周病学講座教授、日本歯周病学会歯周病専門医・指導医)
「歯周組織再生療法の現在―インプラント治療を考える前に―」
~講師からのメッセージ~
 インプラント治療の予知性は高まりつつあり,歯周治療においても口腔機能回復治療の一部として重要な役割を果たしています。その一方で,歯を適切な状態で保存することの重要性も増しています。今回,塩基性線維芽細胞増殖因子(FGF-2)製剤を含めた歯周組織再生療法に焦点をあて,その可能性について皆様と一緒に考えてみたいと思います。

シンポジスト②:田中 收 氏(前東京医科歯科大学客員臨床教授、バイオインプラントアカデミー主宰)
「なぜインプラントなのか?なぜHA(ハイドロキシアパタイト)インプラントを使うのか?」
~講師からのメッセージ~
 私がインプラント臨床に携わるようになってから、すでに四半世紀が過ぎます。かつて有床義歯専門だった私が、現在ではなぜインプラントを欠損補綴の第1選択として勧めるの
か、またなぜHAコーティングインプラントを使用するのかを、データと臨床経験に基づき、基本に立ち返って述べさせていただきます。

●接遇講習会

日 時:8月1日(木)午後2時~4時
場 所:千葉商工会議所第1ホール(千葉市中央区中央2-5-1・千葉中央 ツインビル2号館14階)
演 題:「職員も楽しい!患者さんも嬉しい!心に響く瞬間の創り方(仮)」
講 師:三好 章樹 氏(患者サービス研究所所長)
定 員:140名
※お申し込みは、①医療機関名、②参加者氏名をご記入のうえ、FAXで事前にお申込みください。定員になり次第、締切とします。
◎要事前申込

●印旛支部総会・記念講演

日 時:8月4日(日)午前9時45分~ (記念講演は午前10時半~)
場 所:ウィシュトンホテル・ユーカリ5F (佐倉市ユーカリが丘4-8-1 京成ユーカリが丘駅直結)
記念講演:「ドクターヘリと救命救急医療」
講 師:松本 尚 氏(日本医科大学救急医学教授・同大千葉北総病院救命救急センター長)
◎要事前申込

●医科学術研究会

日 時:8月24日(土)午後7時~
場 所:協会会議室
演 題:「医療者が知っておくべき、禁煙最新事情」
講 師:田那村 雅子 氏(千葉市開業)
定 員:80名
◎要事前申込


〒260-0031 千葉市中央区新千葉2-7-2 大宗センタービル4F TEL:043-248-1617 FAX:043-245-1777
Copyright(c)2008 千葉県保険医協会 All Rights Reserved.