千葉県保険医協会

~希望するすべての人たちが安心して、無料で、接種できる環境を求めて~

私たちは、2007年から、ワクチンを受けられなかったために
病気で苦しんでいる患者さんの会と協力して、ワクチン推進の運動を始めました。
「ワクチンで防げる病気はワクチンで防ごう」と
希望するすべての人たちが安心して、無料で、接種できる環境を求めて活動しています。

「遥かなる甲子園」
千葉公演決定!
忘れていませんか?風しんのこと関西芸術座による舞台「遥かなる甲子園」を公演します!

1964 年沖縄で風疹が大流行し、その時の妊婦さんから
生まれた子どもの多くが聴覚に障がいを持っていました。
この物語は、そんな彼らが甲子園を目指し、彼らの前に立ちはだかる
数々の大きな壁に打ち勝った、本当にあった感動のお話です。

【開催趣旨】~風疹第五期定期接種が、2025年度まで延長が決まりました~
対象は、昭和37 年4月2日~ 54 年4月1日生まれの男性の方です。 より多くの方に風しんの怖さとワクチンで予防できることを知っていただくための機会とします。ぜひ、ご参加ください。

お申込みはこちらから

お申込みはこちらから

お知らせ

おたふくかぜワクチン接種後の副反応に関する全国調査のお願い
日本小児科学会、日本医療研究開発機構は、共同でおたふくかぜワクチン接種後の副反応が疑われる症状について調査研究を実施している。 本調査の対象年齢は、1 歳から小学校就学前までの児童。接種後の副反の有無を把握する一次調査と、一次調査で副反応を疑う症状が出た症例の詳細な検討のために二次調査による二段階調査となっている。 ※詳細は、下記サイトを参照。
https://mumps.children.jp/board/index.html

この間の取り組み

2022年10月13日
衆議院第二議員会館で、第13回ワクチンパレード2022(主催:ワクチンパレード実行委員会[協会も加盟団体])が開かれました。
2010年から毎年、「希望するすべての人たちにワクチンを!」をスローガンに、予防接種の無償化と感染予防の大切さを訴え、ワクチンで防げる病気からすべての人を守るために必要なワクチンを無料で接種できる環境を求めて、各疾患の患者会さんのみなさんとともにパレードを行っています。 ※詳しくは、ホームページをご覧ください。
http://vaccineparade.web.fc2.com/
2022年10月9日
千葉市生涯学習センターで、「世界髄膜炎デー2022市民公開講座」(共催:細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会、千葉県保険医協会)を開きました。 ※詳しくは、千葉県保険医新聞をご覧ください。

Topicsトピックス

歯周病と糖尿病
保険で良い歯科医療を運動
ワクチンで防げる病気はワクチンで防ごう
風しんをなくす会について
待合室キャンペーン
医科・歯科勤務医110番
写真・新春随想の公募

非会員・一般の方へ

Copyright(c)2022 千葉県保険医協会 All Rights Reserved.